Close

AI対応のモビリティ・イノベーションによって未来を体験

Share Post

業種、ビジネスモデルを問わず、現代の顧客は課題解決につながる製品・ソリューションだけではなく、素晴らしい体験を求めています。そのため多くの企業は、パーソナライズされた印象的かつ新しい体験を提供するために、デジタル・トランスフォーメーションを進めています。たとえばAirbnbは、各ホストのユニークな世界にゲストを引き入れ、体験型小売店は、買い物客を店舗に呼び戻しています。病院は、患者の治療成果を改善するために自ら改革を進め、「もう1つの我が家」のように感じてもらえる患者体験を創出しています。このデジタル時代はビジネスを破壊的に進化させ、新たな機会をもたらす一方で、課題や期待の高まりも生じています。

ユーザーの期待が上昇

ユーザーは、職場、教室、お気に入りの店、スタジアムなどどこにいても、優れた接続性から生まれる優れた体験を求めています。アプリケーションが低速になったり、Wi-Fiが途切れたりすることは決して許容されません。

IT部門にとって、素晴らしいWi-Fi体験を一貫して保証することは、かつてないほど困難になっています。サポートが必要なユーザー、デバイス、種々のアプリケーションが大幅に増加しているのみならず、IoTの発展によってさらに複雑化が進んでいます。

広がり続けるギャップ

過去10年間にわたり、「少ないものでより多くのことを実行する」というのが、IT部門のスローガンでした。現在は景気が少しずつ上向いているにもかかわらず、IT予算は横ばいのままです。無線アクセスの戦略的な重要性が増していますが、ITチームのネットワーク・パフォーマンスに対するインサイトは限られています。ITチームは依然として、従来型ツールに頼ってWi-Fiのトラブルシューティングを行っているため、ビジネスを推進させる戦略的プロジェクトに割く時間が減少しています。第6世代のWi-Fiである802.11ax(Wi-Fi 6)は、素晴らしいWi-Fi体験を求めるユーザーの飽くなき期待に応えるための、重要なイノベーションです。この802.11axは極めて高速であり、スタジアム、空港、コンベンション・センター、大学など、密集したクライアントがネットワーク帯域幅を奪い合うような混雑した環境に最適です。また、IoTにも理想的です。

しかし次世代のWi-Fiだけでは、素晴らしいユーザー・エクスペリエンスを一貫して提供するには十分ではありません。現代のスマート・カーのように、ネットワークは問題を自動的に回避しつつ、優れたパフォーマンスを提供できる必要があります。ネットワークがユーザーから期待される体験を提供するためには、よりスマートな機能と、自律的なパフォーマンス・チューニング、そして変化する状況への適応が必須です。よりスマートでプロアクティブなネットワークを通じて、IT部門は従来のようなリアクティブな役割から脱却し、ビジネスに戦略的な価値をもたらす新規サービスの構築に多くの時間を割けるようになります。

エクスペリエンス・エッジを実現

テクノロジーのイノベーションは、従業員、顧客、ゲストに向けた比類のないデジタル体験を構築し、ビジネスに持続可能なメリットをもたらすために、ますます重要になっています。エッジ部分のネットワークは、このトランスフォーメーションの要であり、ユーザー、デバイス、IoTをデジタル世界につなぎます。ネットワークにはデジタル体験の基盤として、セキュリティ、インテリジェンス、常時稼働が求められます。

しかし、安定したネットワーク基盤だけでは十分ではありません。IT部門がビジネスの需要の高まりとユーザーの期待の拡大に対応するには、サービスレベルを一貫して向上させる容易な方法を見つけ出し、リソースを拡張できることが必要です。この要件を満たすには、最先端のネットワークを導入するだけではなく、ユーザーやビジネスに影響が及ぶ前に、高度にダイナミックな環境においてIT部門がプロアクティブに問題を予測できる必要があります。

802.11axの到来

Arubaは、WPA3対応の高度なセキュリティ、AIによるWi-Fiパフォーマンス・アシュアランス、インテリジェントな電力消費監視、ZigbeeとBluetooth 5無線の統合機能を備えた、IoT対応の新しい802.11axアクセス・ポイント・ファミリ「510シリーズ」を発表しました。こうしたイノベーションによって、高密度のモバイル環境やIoTの導入拡大で求められるパフォーマンス向上に対応するとともに、クライアント・デバイスのバッテリー寿命も改善できます。

しかし、Arubaの進化はここで止まりません。当社はAI対応のオートメーション/アシュアランス・ソリューションに新たな強化機能を加えてイノベーションを一歩先へ進め、IT部門が自律的ネットワークの約束を果たせるよう支援します。

AI対応のオートメーション/アシュアランス

Aruba NetInsightは、AIとクラウドソーシングを組み合わせた高度なオートメーション/アシュアランス・ソリューションであり、継続的にネットワークを監視してトラブルシューティングを行い、予測的で実用的なインテリジェンスをもたらして、ネットワーク・パフォーマンスとユーザー・エクスペリエンスを向上させます。NetInsightは、多数の設置済みAPによるクラウドソーシングを活用することで、処方的なインサイトを一貫して拡大および最適化し、顧客がピア・ネットワークの匿名での学習内容からメリットを得られるようにしています。

NetInsightは、ネットワークの正常性を評価し、ピア・ネットワークに照らしてベンチマーク測定を行い、自動的に構成を変更して、クラス最高のネットワークに基づきパフォーマンスを最適化します。たとえば、ある大学の講堂のWi-Fiパフォーマンスを他大学の講堂と比較したり、閉ループのオートメーションによって自動的に変更をネットワークにプッシュ配信し、学生の体験を向上したりすることができます。IT部門は、ユーザーの不満への対応やトラブル・チケットの調査に割く時間を大幅に短縮でき、問題の根本原因を素早く特定し、従来のツールよりも素早く修復できるようになります。

環境に優しいWi-Fi

NetInsightはまた、カーボン・フットプリントの削減とエネルギー・コストの節約にも役立ちます。たとえば、大半の従業員が日中(たとえば午前8時から午後6時まで)働いているオフィスでは、夜間に誰もAPを使用していなくても、一晩中電力が供給されたままという場合があります。NetInsightは当社の新しい802.11ax APと連携して動作し、オフィスや大学、ショッピング・モールなど、環境内における典型的な利用パターンを学習し、使われていないAPの電源を自動的に切ります。当社ではこの機能を「グリーンAP」と呼んでいます。お客様にはエネルギーを最大限に節約し、環境サステナビリティを推進していただけるものと期待しています。

ArubaのAIのメリット

安全で自律的なネットワーク運用に必要なものは、実環境の専門知識に基づいて構築されたAIソリューションと、インテリジェントかつ実用的なインサイトをもたらすアルゴリズムを動かすための堅牢かつ多様な代表的データであり、これによってパフォーマンス、セキュリティ、ユーザー・エクスペリエンスを向上できます。Arubaは、16年間にわたってWi-Fiの専門知識を蓄積するなど、安全な自律的ネットワークの構築に関して多くの競合企業に勝る独自のメリットを有しており、全世界の顧客の多様なネットワークや数多くの設置済みAPから得た学習内容とベストプラクティスを、当社のAIアルゴリズムに組み込んでいます。

Arubaでは、お客様が従業員や顧客に並外れた体験を提供できるようお手伝いするため、熱心に取り組んでいます。IT部門は、ネットワーク・エッジ向けの極めてシンプルかつインテリジェントな最先端のプラットフォーム上に、こうした体験を確実に構築できます。当社の最新のAI対応モビリティ・イノベーションは、お客様が今日および将来にわたってそれぞれのビジョンを実現できるよう支援します。

執筆者について
Lissa Hollinger、製品およびソリューション・マーケティング担当VP
ポートフォリオ・マーケティング担当VPとして、Arubaの市場参入戦略を推進し、ポートフォリオ全体に関してその実現を監督しています。製品マーケティング、業界ソリューション・マーケティング、クロスポートフォリオ・マーケティング、セグメント・マーケティング、サービス・マーケティングなどを担当しています。

ネットワークに関する18年以上の経験を生かし、製品マーケティング、製品管理、コーポレート・マーケティングにおいてさまざまな主導的役割を果たしてきました。Aruba入社前は、Brocade Communicationsのデータセンター、オートメーション、およびエンタープライズ・キャンパス・ポートフォリオの製品マーケティングを主導していました。